穴があったら踊りたい

おさかなさんと彼の平凡で特別な日々です。そんな日々をドキュメンタリー映像にしようと目論んでいます。

カンファレンス

昨日の件についてまだ管理会社から連絡が来ておらず

モヤモヤしておりますおさかなさんです🌀

anaodo.hateblo.jp

 

不安な中ではありましたが、

今日は彼の支援者が集まってのカンファレンスでした。

 

彼は「重度訪問介護」という福祉制度で

月に一定の時間数まで自己負担なしでヘルパーさんを利用することができます。

今2つの事業所でヘルパーさんを派遣してもらっているのですが、

5月の引っ越しと私との同棲をふまえて、

相談支援員(彼の支援計画を作成する人)1名と

2つの事業所から彼の担当者になってくれている3名が集まって、

今後の支援について話をする機会が今日のカンファレンス。

彼の1Kの家に私&彼を含めて一度に6人が集合するので、

ドア&窓を開けて換気をし、マスクをしての会になりました。

 

私も顔馴染みのヘルパーさんもいましたが、

相談支援員と1つの事業所の管理者の方は初めてお会いしたので、

こういう人たちに支えられているんだなと実感が持てたのが

一番の収穫かもしれません。

これまでは、お会いすることがあっても、やりとりは

彼⇄事業所

彼⇄ヘルパーさん

彼⇄相談支援員

という構造だったのですが、

二人で一緒に暮らし始めるということは、

「私たちの家」に入ってきてもらうことになるので、

よくも悪くも他人事ではいられません。

 

みなさんから名刺を受け取り、

まだ結婚もしていないただのパートナーの私に、

「これからどうぞよろしくお願いします」と言われて、

これまで以上にお互いの生活に食い込んでいくことになるんだなと思うと

なんだか感慨深かったです笑

 

内容としては、

これまで一人暮らし時に受けていた支援と大きくは変わらないけれど、

同居人がいることで「夜勤(夜通しの支援)」には入れなくなるとのこと。

でもこれも、もし私が突然入院したりして

家を空けることになったりした際には、

別途相談してサービスが受けられるらしい。

その他、引っ越し後の役所で必要な手続きなど、

諸々教えてもらいながら、約15分くらいで話は終了。

その後少しだけ雑談をして、お開きとなりました。

 

これまでは名前しか聞いていなかった彼の周りの人たちに、

少しずつ私の存在も認知されて、

前はこんなに一緒にいても担当者の連絡先すら知らなかったのに、

「彼のパートナー」として連絡手段を持てたのが、

少し私の安心感にもつながりました。

 

f:id:anaodo:20210414214309j:plain

カンファレンスに集う彼の仲間たち(?)

 

昨日の不動産屋の電話からずーっと心の奥でモヤモヤ不安なのですが、

これだけ支えてくれる人たちがいるのは心強いなと再認識できたし、

何より彼と彼の周りにいる人たちの関係性が

フラットでいい感じ(に私には見えた)だったのが、良かったなぁと。

今日は粗大ゴミの受付も済ませ、

いよいよ引っ越しも3週間後に迫っているので、

無事、引っ越しできることを信じて準備を進めたいと思います。

今更聞くか??

今日突然不動産屋から電話があり、

出てみると、引っ越し先の家のオーナーが

彼の障害の状態を詳しく知りたいと。

 

ん?なんで今更?

 

というのが率直な感想ですが、

どうやらオーナーさんが、

室内で車椅子を使ったり、松葉杖をついて、

床が傷つくんじゃないかというのを懸念しているらしい。

パーキンソン病で手足の運動障害があるから、

外出時には車椅子を使用しているが、

家の中は基本自分で歩いていること。

そして決して家の中で車椅子に乗ることはないし、

松葉杖なんてついたほうが危ないので絶対つかないことを伝えました。

 

まぁそうだよね。

よく知らない車椅子ユーザーが物件を借りるってなったら、

多少は心配にもなるでしょう。

確認されるのも理解できます。

 

すると次は同じ内容で保証会社だか管理会社(?)から電話があり、

また彼の状態を詳しく教えてくれと。

ついさっき不動産屋さんにした同じ説明を

再度その人にもしたのですが、

 

 

担当者「その状態というのは、今後も悪化したりはしないんですか?」

 

 

え????😇

そんなもの、知らないよ〜〜〜〜!!😇

こっちが知りたいくらいだわ〜〜〜!!😇

 

 

そりゃ進行性の病気だから少しずつ症状は変わりますよ。

でもそんなの誰だって同じことでしょう?

私だって足の骨を骨折したら明日から松葉杖だわ!!!

そんなのいちいち予言できないわ!!!

 

あからさまにイラッとしてしまいましたが、

なんとか落ち着いてさっき不動産屋に話した彼の状態を説明し、

家の中では車椅子を使わないし、松葉杖もつかないし、

万一そういう状態になったとしたら、

賃貸マンションの5階には住まないだろうから引っ越しますと伝えた。

 

なぜ同じことを2回も話さなければいけなかったのかもわからないけど、

何よりもう契約も終わって、

今の家には退去申請もしていて、

電気ガス水道インターネット周りも手続き済み、

引っ越し業者も決まっている状態で、

今更懸念があると言われても、困ります。

審査の段階でこちらは身分証(彼は障害者手帳のコピー)も渡しているし、

意図的に彼の障害を隠していたわけじゃないのに、

審査時には何も聞かれずすんなり通り、

諸々の初期費用も支払い済みになったこの状態で、

なぜ今更そんなことを聞かれなければいけないんだろうって

とても悲しく不安な気持ちになりました。

 

電話の担当者も、

オーナーにはうまいこと伝えますと言ってはいましたが、

「この後、特に連絡がなければ大丈夫だと思ってください」と言われて、

いやいや、こんな状況で連絡なしで終わらせないでくれよ、

伝えた結果をちゃんと報告してくれよ、

準備も日々進めているのに、不安で仕方ないよと、

再度イラッとしてしまいました。

 

はぁ、疲れているからこんなにイライラしたのかしら?

いや、そうでなくても、このタイミングでそんなこと聞かれたら

不安にもなりますよ・・・・。

審査時に聞かれてるなら全然いいし、

むしろ双方納得して契約できるのが一番なので拒みませんが、

さすがにタイミングが遅すぎるだろう??ということです😡

 

f:id:anaodo:20210413215952j:plain

おこぷんマックスのおさかなさんと巻き添えになる彼

 

まだ保証会社からの連絡は来ていませんが、

イライラ&不安な状態で待つのは疲れてしまいますね・・・。

はぁ・・・・・・。

心の余裕が欲しいおさかなさんでした😢

誰かを頼ること

今日もしっかり残業でしたが、

昨日の記事を書いてからなんだかすっきりして、

そんなに辛くなかったので不思議です。

あと100%を出そうとしない!を意識してみたら、

少し楽になった気がします。

今担当している業務は

引き継ぐ前の状況がぐちゃぐちゃだったので、

完璧に整えられなくても当たり前の状況だし、

逆に今私が倒れるほど無理したら、

余計にいろんな人に影響が及ぶので、

無理をしないのも仕事のうちということにしました笑

 

昨日の記事は、

自分としてはそんなに大きなことではないと思っていたのですが、

やっぱり大きな一歩だったように思います。

anaodo.hateblo.jp

 

というのも、

私は自分の過去にあった嫌なこととか辛かったことは、

言葉にして人に伝えるほどのものでもないと、

どこかで思っていたからです。

それにメンタルの弱い人ってレッテルを貼られてしまう怖さや、

その程度のことで辛いだなんて、弱いなって思われる怖さもあり、

なんとなく言葉にしてはいけないことのように感じていました。

実は昨日の記事の内容は、

これまで彼にも話したことのないものばかりだったので、

「そ〜だったんだね〜。よくここまでたどり着いたねぇ〜。」

と言われたのですが笑、

それくらい、私の中で「言わないこと」にしていたことだったのに、

なぜ昨日はあんなにすんなり出てきたのかも不思議なのです。

 

きっと、数年前だったら書けませんでした。

でもここ最近のストレスのかかり具合で、

昔の私なら一気にどん底まで落ちていただろうなと思うと、

今こうしてなんとか乗り切れているのは、

何かが変わったからだろうと思わざるをえませんでした。

そしてそれは、「私は決して一人じゃない」という

実感だったのだと思います。

 

一人じゃないから、全部自分で抱えなくてもいいらしい。

一人じゃないから、今の悲しみも、過去の辛かったことも、

もちろん喜びも感動も、

一人で抱えなくていいんだって、

素直に思えたのかもしれません。

誰かに伝えることで、

もしかしたらレッテルを貼られたり、

傷をえぐってくる人が現れるリスクもないわけじゃないけれど、

そのリスクよりももっと、

一緒に抱えようと思ってくれる人がいて、

そういう人たちと一緒に生きたいと思えたから、

気負うことなくオープンにできたのだと思います。

 

随分と長い時間がかかったように思いますが、

自分の中で一つ、整理ができたように思います。

自分がどういうことに弱いのか、

どんな傾向があるのかを受け入れつつ、

そんな自分とこれからも付き合っていく上で、

いろんな人に手伝ってもらいながら、

少しでも楽しく、時に涙を流しながら

生きていけたらいいなぁ。

そして、私の大事な人たちが辛い時は、

私も一緒に抱えられる人でありたいなぁ。

 

f:id:anaodo:20210412214846p:plain

シェア(はんぶんこ)のつもりで、悪気なく明らかに少ない取り分をおさかなさんに渡す彼

 

誰かを頼ることは、

どこかで「迷惑なこと」だと思っていたけど、

本当は誰かを頼ることで、

相手にも頼ってもらいやすくなったりするのかもね。

誰しも弱い部分を持っているのだから、

きっとみんな持ちつ持たれつ。

そんな信頼関係を作っていきたいなぁと思ったおさかなさんでありました^^

一人じゃない

最近の投稿が仕事で疲れていることばかり書いていたので、

いろいろとご心配をおかけしております・・。

気にかけてくださる方もいて、申し訳なくもありますが、

お声かけにとても支えられております・・・ありがとうございます><

 

多分、元々、私は精神的に弱りやすいタイプです。

 

中学生の時に親の仕事の関係で海外に行くことになった時は、

なかなか現地に馴染めず、学校に行くのが毎日苦痛でした。

本の学校では成績は上位でしたが、

ほとんど理解できない英語での授業に大苦戦。

さらに、アジア人を下に見ている生徒からのからかい。

同じ学校に日本人もいましたが、

あまり仲良くなれず、最初の1、2年くらいはひたすら孤独でした。

 

それでも、その毎日を止める勇気がなかったという理由で、

いきたくもない学校に通う日々。

授業中に過呼吸になったり、その他いろいろと問題を起こし、

学校からカウンセリング室に通えと言われましたが、

まだそれほど喋れなかった英語でのカウンセリングなんて

むしろ逆効果だわと思い断固拒否。

今考えると、あの時のストレスはなかなかだったし、

生き延びただけ偉かったなぁ・・と振り返っても思います笑

毎日が辛かったので、ある意味麻痺していたのかも?

インターネット上の不登校の友達とのコミュニケーションで、

なんとかかんとか生き延びていました。

 

その後、大学で日本帰国。

帰国子女の多い大学だったのもあり、

話の合ういい友達ができて楽しい日々を送っていました。

ダンスサークルでも周囲に認めてもらえて、

勉強の方もやったらやった分だけ評価されて、

中高時代が闇だった分、

すごく楽しくて今でもあの頃に戻りたいと思うほどです。

 

しかし、何かの拍子に激しい罪悪感に襲われることがあり、

気分のアップダウンが激しく、

突然誰とも話せなくなったりして友達を驚かせることもありました。

冬になると決まって毎日死の恐怖に怯える時期がきて、

これはさすがにおかしいのかもしれない・・?と思って

大学のカウンセリング室に自発的に通ったりもしましたが、

担当のカウンセラーをあまり信用できず、

結果、症状が悪化した状態で行くのをやめました・・汗

冬の不調は春になれば少し和らぐのですが、

定期的にくる強烈な罪悪感は今でもたまに経験します。

 

その後、社会人になって私立の高校で働き始めますが、

ここでもメンタルをやられています。

毎日朝5時半に起きて、授業をして、くたくたになって

21時くらいに帰宅して、ご飯とお風呂と次の日の準備で

最低限をこなして寝る日々。

 

私の授業を好んでくれる子もいて嬉しかったけれど、

逆に私に対して攻撃的な子供もいたし、

単純に業務的な負担が大きかったこと、

またその時期に同居していた祖父が亡くなったり、

当時お付き合いをしていた人からの暴言を浴びたりが重なり、

毎日寝る前に布団の中で号泣してデトックス(?)する日々。

これはそろそろやばい?と思い心療内科に行ったこともありましたが、

薬を飲むのは嫌だと言ったら、

それ以外であまりできることがないみたいな話になり、

そんなことならもうこんな苦しい気持ちになる環境を変えようと思い、

転職に至ります。

 

まぁ、転職してからも私のメンタルは乱高下してはいましたが笑

もう何もしたくない・・みたいなことはなくなりました。

同じ時期に再開したダンスで

自分の不安定さや傷つきやすさを「表現」として形にした時、

それをいいねって認めてくれる人たちがいて、

少しずつこんな自分でもいいんだという気持ちが

育ってきたように思います。

 

でも本当に精神的に安定しはじめたのは、

彼と一緒に生活をし始めてからのような気がしています。

お付き合いを始めたばかりの頃は、

不信感丸出しですごく辛い時期もあったのですが、

この人のことを信頼してもいいなと思えるようになった頃から、

悲しい時も嬉しい時も、素直に表現できるようになって、

一人で全部抱えなくていいんだと実感できるようになりました。

それまで人前では嬉し泣き・感動泣きはするものの、

悲しさで泣いたりすることはありませんでした。

今や彼の前ではしょっちゅう泣いていますが、

これは大きな成長だと思っています笑

 

そして今。

仕事がなかなか大変でストレスの溜まる日々。

でも、不思議とそこまで心配ではないのです。

きっとそれは、自分は一人じゃないと思っているから。

辛くても自分の見方になってくれる人がいると思えているから。

その実感さえあれば、

例え辛い状況であっても、

その中で自分が壊れていくのを見過ごしたりしないだろうし

必要な助けを求めることもできると「今は」思っています。

 

ブログでも声をかけてくださる方がいて、

理解してくれるパートナーがいるうちは、

まだまだ大丈夫かなと思いつつ、

あまり自分の体力と判断力を過信せず、

たまにはずる休みしてやるーくらいのテンションで

しばらくは過ごそうと思っています。

いろいろとご心配をおかけしておりますが、

引き続き、見守っていただけますと幸いです・・・・👀

f:id:anaodo:20210411231147j:plain

ひとりじゃないね。

 

ただの弱音

今日も仕事がなかなかに大変だった・・・。

土曜日は私の部署で自分だけが出勤なので

新しく配属された方への研修をしなくていい。

だから自分のペースで溜まっていた業務を片付けようと思っていたのですが、

これが本当に進まない。

あまりにも雑な管理をされていたデータたちを、

解読可能な形に整えるまでに一苦労。

また整えた後にそれを使うのにまた一苦労。

 

今日はたまたま出勤していた上司と話していて、

私のせいで大変なことになっているんじゃないから、

そこは責任を感じなくていいんだよと言ってもらえて、

少しだけ楽になった。

自分の状況をわかってくれている人がいるのといないのとでは、

全く感じ方が違う。

どんなに辛くても、それを理解して労ってくれる人がいれば、

なんとか生き抜こうと思えるし、

どんなに辛くても、それを誰も理解してくれなくて、

一人孤独に戦わなければいけなかったら、

きっとすぐにでも諦めていただろう。

 

これまで多くても月に2〜3時間程度の残業で済む、

ホワイトな環境にすっかり染まっていた私が、

今月は開始1週間ですでに残業10時間を超えている。

世の中のブラック企業に勤めている人に比べたら

まだまだホワイトな方だろうけれど、

それにしても変化が急激すぎてつらいのと、

同じ業務をしている人が自分と新しい人しかいないので、

誰かに任せると言うのができず、なかなかしんどい。

 

毎日退勤時間を過ぎてげっそりしている私の横で、

心配そうにしている彼。

もうすぐ終わる終わる詐欺を繰り返す私。

 

4月後半にかけて引越しの準備がこれから更に忙しくなるのに、

私よ、やっていけるのか?

在宅勤務じゃなかったら、間違いなくめげていたな。

帰りの電車でもれなく泣いていそう・・・笑

 

もう今日は、疲れたな〜。

今日も、疲れた。

今週は、とっても疲れた。

疲れたって言える場所も、大事よ。

月曜日が怖いな〜〜。

怖いって言えるのも、大事よ。

 

本当はもっと楽しめる余裕が欲しい。

しばらくしたら慣れるのかな。

でも、慣れたくないかもな〜〜〜。

もっといい感じの疲れがいいな〜〜。

この今日もよくわからないまま1日が終わったっていう

不毛な感じの疲れじゃなくて、

今日も仕事したったわー!!っていう疲れ。

でもせっかく新しい家に引っ越すんだ。

楽しみにしている生活があるんだから、

こんなところでくたばってる場合じゃないのだよ。

f:id:anaodo:20210410233609j:plain

どんより気味のおさかなさんをみて心配そうな彼

 

あっぱれな自己分析

とにかく眠い。

 

今日は朝7時くらいに彼に起こされますが、

なかなか体が起きてくれず結局8時半ごろまでうだうだして、

朝ごはんを食べて9時過ぎにまたふらっと布団に入ってしまったが最後。

12時半になっていました・・笑

その後15時ごろからマイクラを始めて、

2時間くらいで画面酔いし1時間横になり😨

18時半にご飯を食べ、気づいたらまた寝てて、今(21:30)に至ります。

 

今日は休みだったのでやりたいことも色々あったのですが、

気づけばほとんど寝て1日が終わりかけていました。

多分、ここ1週間の疲れがどっと出たのかなぁと思います。

そんなんならブログも休めばいいのにって思うのですが、

昨日とかは逆にブログを書くことで気持ちの整理ができて、

救われた感じがするのです。

 

実は昨日のブログを読んだ彼にこう言われました。

 

彼「上司には相談したの〜?

  だっておさかなさんが倒れないように調整するのが

  上司の役割でしょ〜〜??」

 

まぁ、そうなんですけどね。

それができてたら苦労しないよ〜とも思いつつ、

「できていないよ〜」と伝えました。

 

するとその30分後。

 

彼「ごめんね」

 

突然謝られてよくわからない私。

 

お「何がごめんねなの?」

 

彼「言わなくていいこと言っちゃった」

 

 

実はさっきの会話のちょうどすぐ後のタイミングで、

彼の周りで「求めてないアドバイス」を押しつけてくる人がいて

とても嫌な気分になっているという話を彼自身がしていたのです。

やめてと言っても良かれと思って押し付けてくる人の話。

 

時系列としては

1)彼が私の書いたブログを読む

2)彼が私にアドバイスをする

3)彼が求めてないアドバイスをする人について愚痴る

4)突然のごめんね

こんな感じなのですが、

(3)と(4)の間で彼の中で何かが起きた様子。笑

 

彼「僕も求めてないアドバイスしてくる人と、

  同じことしてたことに気づいちゃった・・・。

  おさかなさんが僕に求めているのはそういうことじゃなくて、

  ちゃんとブログにも書いてあったのにね。

  おさかなさんが不安定な気持ちだと僕の安定も保てない気がして、

  おさかなさんが悲しい気持ちになれる時間を、

  僕の都合で奪おうとしちゃってたかもしれない。

  ごめんね。」

 

 

なるほど・・・!

 

 

確かに考えてみるとそうなのかもしれない。

私は彼にアドバイスを求めていたわけじゃなくて、

悲しい時もただそこにいてくれるだけでよかったのだと思います。

 

この30分ほどの間の彼の自己分析にはあっぱれです。

 

言われた側の私ですら気づいていなかったことを、

自分で考えて気づいて、伝えてくれたのです。

これは、きっと簡単なことじゃない。

自分の悪かったところを認めるだけでも難しいのに、

自分が非難していた人と同じことをしていたという

ある種、屈辱的な事実を認めて、開示して謝れるのは、

本当にすごいことなんじゃないかなと思いました。

 

こういうところ、尊敬しているんだよなぁ。

 

彼は不本意に私を傷つけてしまうことがあります。

もちろんそれは私も同じです。

でも重要なのは傷つけてしまった事実ではなく、

それをそのままにしないこと。

気づき、次また同じことをしないように工夫する。

その繰り返しを自然とやってくれている。

そういう時、大事にしてくれているんだなと感じますし、

私も同じように返していきたいと思うのです。

 

f:id:anaodo:20210409224312j:plain

彼の自己分析にあっぱれ!と思ったおさかなさん

 

こういう機会はブログを書くことで増えている気がします。

私の気持ちがブログを介して伝わることが多いからかなと思っています。

もちろん今後も負担だなと思ったら無理に書く必要はないのですが、

1日1回、その日感じたことや思ったことを振り返って、

言語化して自分の外に出すという作業は、

私にとっては「大変なこと」というよりは、

「必要なこと」のように感じます。

一人で振り返っているようで、二人の振り返りの機会になっている。

これからも無理なく続けていきたいなと思った夜でした。

あっという間に落ちる

新年度、新しい業務を担当するようになって1週間。

慣れない業務を、

いちいち前任者に確認しながら、

新しく私の部署に異動してきた方に、

解説しながら引き継いでいる。

 

元々やっていた業務は別の人に引継ぎ済みで、

ほぼその方が自立でやってくださるのだけど、

正確さが求められる業務なので、

必ず誰かのWチェックを挟む仕組みになっている。

 

そうすると、

元々やっていた業務のWチェックをしながら、

慣れない新しい業務のやり方を確認しながら、

新しい業務も何もやったことがない人に、

自分もよくわかっていない業務を解説していくという作業になり、

なかなかの苦行だ。

 

新しい業務では、

これまで関わりのなかった新しい人たちとやりとりをすることが増え、

ルールも文化も違う中で、

とつぜん前任者から引き継がれて、

誰が何を担当しているのかよくわかっていない私は、

いまいちうまくコミュニケーションがとれず。

 

さらに、一つずつ確認しながらの業務なので、

なかなか予定通りには仕事が進まず、

なにもかもが後ろ倒しになってしまう。

かといって、確認作業などで新しくきた人を完全放置するわけにもいかず、

その方の就業時間中は自分の業務には手がつけられず、

退勤時間をすぎた頃から、

やっと自分でやる仕事に手をつけられるようになる。

 

私は丁寧な仕事をしたいと常々思っているけど、

現状はそれができていなくてとても悲しい。

時間に追われすぎていておそらく何かを忘れている。

Wチェックもきっと雑になっている。

引き継がれていない業務を自分なりに確認して対応しても、

ミスが発生すれば私の責任になる。

いろんなことを同時進行させるので、

どうしても注意力が散漫になって普段よりもミスが多くなる。

 

元々完璧主義な気質なのもあって、

自分が求めているクオリティに達していないのを実感するのが

なかなかに辛い。

全部完璧にできなくて当たり前だと頭ではわかっていても、

小さなミスや不完全な状態の積み重ねが、

少しずつ私のエネルギーを奪っていく。

 

 

久しぶりに3時間の残業。

明日、休みをとってしまっていたので、

この1週間にため込んだ業務を一通り終わらせてやっと退勤。

でもきっと何か忘れているんだろうな。

明日私がいないところで誰かに迷惑をかけているかもしれない。

こういう考えが頭の中をぐるぐるする。

とても久しぶりな感覚だ。

 

現場でキャパオーバーになっていた時は、

毎日こんな感じだったけれど、この感覚をすっかり忘れていた。

自分はダメな人間だとか、

自分は使えない人間だとか、

本当はそういうことを他人に対しても、

自分に対しても思いたくないのに、

余裕がなくなるとすぐにこういう思考が走り出す。

悲しいなぁ。

 

仕事が終わって、

よくわからないけど涙がでてきて、

突然泣き始める私と困る彼。

それでもよくわからないなりに受け止めてくれて、

それだけで少し、救われる。

そばにいて、受け止めてくれる人がいなかったら、

闇に落ちるのなんてあっという間なんだろうなと改めて思った。

 

f:id:anaodo:20210408224447j:plain

必死に飛び回るおさかなさんを冷静にみまもる彼

 

「無理しない無理しない。」

「できないことはできないって言おう。」

これは私が人に言ってきたことだ。

それが簡単ではないことを、私はよーく、知っているんだけどね。

私みたいなクライエントがきたら、

私はキャリアコンサルタントとしてなんて声をかけるだろうか。

そんなことを考えてみる。